共找到 21 条论著文献

1、モンゴル朝廷と『三國志』

2、劉宗周から陳確へ:宋明理學から清代儒教への轉換の一樣相

3、肖像畫の明清小説

4、呉淞における沈從文

5、結果補語構造「V見」の發生とその變遷

6、「治國」と「治身」への思想的道程:天人相關説と「氣」の修煉

7、玄奘の事跡にみる唐初期の佛教と國家の交渉

8、杜甫の社會批判詩と房琯事件

9、方苞の「義法」と八股文批評

10、翁方綱の經學:「乾嘉の學」における「宋學」と「漢學」

11、龜井南冥『論語語由』の日本漢學史上における意義

12、學界展望:2000年1月~2000年12月

13、『山海經』五藏山經における山嶽神祭祀

14、漢代における序文の體例:『説文解字』敍「敍曰」の解釋を中心に

15、『古文孝經孔安國傳』の法治觀

16、擾されず逼られず:嵆康「難自然好學論」

17、唐代小説と『眞誥』

18、孟光故事の變容:白居易の妻と北條政子

19、古文と母:歐陽脩「瀧岡阡表」考

20、『古文苑』の成書年代とその出處