共找到 20 条论著文献

1、人間への嚴しくも溫かい眼差し:王船山の『尚書引義』と『詩廣傳』の世界

2、魯迅『吶喊』と近代的作家論の登場:一九二〇年代前半の中國における讀書行爲と『吶喊』「自序」

3、四川唐門考:武俠小説と評書『雍正劍俠圖』『三俠劍』

4、黃公紹傳考

5、身體である私と他者:『莊子』と「他なるもの」

6、傳郭璞『葬書』の成立と變容

7、戲曲テキストの讀み物化に關する一考察:汲古閣本『白兎記』を中心として

8、王陽明の「立志」について:衝動に集約される修養

9、曹寅の奏摺から見た御定『全唐詩』の成書過程

10、大正デモクラシー思潮下の臺灣における儒學思想について

11、周作人と歌謡:中國知識人と民俗學に關する考察

12、「蕭和尚靈塔銘」の碑文について:王維・王縉兄弟との交流を物語る石刻資料の復元

13、唐代の喫茶文化史における詩僧皎然の茶詩

14、蘇軾のいびきの詩について

15、『朱子訓蒙絶句』は如何に讀まれたか:朱子學の普及と傳播の一側面

16、歌への志向と宋元時代のジャンル論

17、良知現成論者の考察:渾一と一貫の視點から

18、仇兆鰲『杜詩詳註』の音注について:一萬を超す音注が意味するもの

19、雍正二年の文廟從祀改革とその時代的背景:主導した人物の特定とその影響力を中心として

20、傳鈔本『日本國見在書目録』の系統について