共找到 19 条论著文献

1、『賈誼新書』の諸侯王國對策

2、王安石學派の興隆と衰退:蔡卞と秦檜

3、蔣士銓の戲曲製作と文字獄

4、謝冰心の作家魂:一片の氷心

5、唐佚籍十二種考:『日本國見在書目錄』著錄書を中心に

6、賈誼『新書』の成立

7、杜牧の邊塞を詠じる詩について:その作品集の編纂、及び「河湟」の詠法を手がかりに

8、諸葛亮と籌筆驛:英雄傳説とその舞臺

9、『金甁梅』の構想:『水滸傳』からの誕生

10、星湖心學:朝鮮王朝の四端七情理氣の辨とアリストテレスの心論

11、鮑照の文學とその立場:行旅詩を中心に

12、北周趙王の文學と庾信の影響:聖武天皇宸翰『雜集』所收「周趙王集」に基づいて

13、杜甫『兵車行』と古樂府

14、唐詩の音樂描寫:その類型と白居易「琵琶引」

15、楊簡の解經法:『楊氏易傳』を中心として

16、關羽と貂蟬

17、元雜劇テキストの明代以降における繼承について

18、祝子、怪を語る:『語怪』から『罪知錄』へ

19、「內面」を創出する:文體論的アプローチ