共找到 466 条论著文献

1、乌拉特民歌背景故事及歌词含义 2019/4

摘要:自17世纪中旬开始,随着藏传佛教在乌拉特地区的盛行和各大庙宇的建起,不仅当地民众的思想道德、行为规范及生活中渗透了深刻的藏传佛教信仰教理,民间传统文化也深受宗教文化影响。乌拉特民歌从起源、内容、唱腔、影响力等方面与其他蒙古族各部落的民歌形成不同风格而流传至今。但是,经过三百多年的传承,人们只会演唱,并不明白歌词内涵和背景故事。该书作者通过多年努力,搜集整理了100多首乌拉特民歌的背景故事,并简明扼要地介绍了每首民歌的歌词含义。
展开
选择 引用 收藏

2、蒙古族传统游戏搜集整理与传承研究 2019/4

摘要:本书就蒙古族传统游戏的搜集整理及其传承从五个方面进行研究,一是关于蒙古族传统游戏概述的研究;二是关于蒙古族传统游戏的搜集整理;三是关于蒙古族传统游戏传承现状的田野调查;四是关于蒙古族传统游戏传承困境分析;五是关于蒙古族传统游戏传承的理性思考。
展开
选择 引用 收藏

3、文化转型与蒙古文学历史叙述模式研究 2019/4

摘要:《文化转型与蒙古文学历史叙述模式研究》一文以蒙古族文学历史叙述文本为研究对象,以作品的历史叙述内容为切入点,对在不同时代、不同文化背景下的历史叙述文本进行全面系统的研究,将“纵向的历史追索”与“横向的时代概括”连接起来,总结归纳出其叙述时间、叙述结构、叙述视角的形成、发展、演变的历程。还结合作品的文化背景,探讨蒙古族作家在不同时期创作的历史叙述作品中怎样阐释和重塑本民族历史的问题,并提出自己独特的见解。涉及的文本包括13世纪的《蒙古秘史》,17世纪的《黄金史纲》、《大黄册》、《蒙古源流》、《罗黄金史》、《阿萨拉格齐史》,19世纪的《青史演义》等。
展开
选择 引用 收藏

4、土默特文书 2019/3

摘要:本书稿为储健中先生私人收藏的一万余份契约文书,归户性很好,时间跨度自明代至1952年。文书内容包括山西移民地契、河北“土改”文书及归化城土默特、包头、五原等地蒙汉地契文书,这些村契、家族性地契、庙契及土地单等材料,不仅见证了华北地区普通农民家族的家事变迁,也折射出了土默特平原农村村落的形成、风土人情、土地权属变更以及农村经济发展和农民生存状态,同时也从个体家庭的层面映衬了时代风云对平民百姓人家生活的影响,以及他们对内蒙古地区的开发、繁荣所作出的历史性贡献。本项目的影印出版将为学界提供新鲜的一手资料,对内蒙古部分地区的政治、经济及社会等方面的研究具有重要参考价值。
展开
选择 引用 收藏

5、鄂尔多斯民歌研究 2019/3

摘要:本书着重从人类文化的角度观察鄂尔多斯民歌,系统论述鄂尔多斯民歌的历史、特点、分类等,揭示鄂尔多斯民歌文化的内涵,全书共四章:第一章是鄂尔多斯名字的由来及民歌的发展历史;第二章是鄂尔多斯民歌的特点和历史意义;第三章是鄂尔多斯民歌的分类;第四章是鄂尔多斯民歌的文化解读。
展开
选择 引用 收藏

6、現代モンゴルの牧畜戦略-體制変動と自然災害の比較民族志 2019/3

摘要:本書は、モンゴル國および內モンゴルにおけるモンゴル牧畜社會で行われている牧畜戦略の多様化が、現在の社會文化的狀況に対応していかに変化しているかを検證することを目的としている。それはつまり、モンゴル國と內モンゴルで実施されている牧畜が、牧畜戦略という視點のもとに比較可能であるという目論見に基づいているわけである。  筆者として、この點が說得的に響くかどうかが、皆さんが本書を読み進めてくれるかどうかの分岐點になるだろうことは容易に想像可能である。同じモンゴル族とは言え、長年別の國家に所屬し、しかも片やモンゴル國ではマジョリティであり、片や中國ではマイノリティであるが故に、國家政策の方向性も國家政策との距離感も異なる両國の牧畜社會がいかなる意味で比較可能なのか、訝る方もいるだろう。モンゴル族というラベルを重視するあまり、時代的・地域的な差異を過小視しているのではないか、と危懼される方もおられるかも知れない。  結論を先取りしてしまえば、筆者の立ち位置は上述の危懼とは異なる。むしろ現狀は、モンゴル國でも內モンゴルでも牧畜戦略が地域的な二極化を起こしているという認識である。その一方は、筆者が「郊外」と呼ぶ、距離的にも収益構造的にも市場経済との関系性が極めて密接な地域であり、もう一方は「遠隔地」すなわち郊外ほど市場経済との関系性が密接ではないものの、基本的には市場経済の中で牧畜を営んでいる地域である。  こうした二極構造の存在自體は、本書で子細に検討するように、モンゴル國にも內モンゴルにも見出せるものである。つまり國內での二極化と、國外との類型の相似化が同時に進行していることになる。……  ……なお、意外に思われるかも知れないが、第8章で言及するように現在のモンゴル國の平均家畜密度は、內モンゴルのそれと比較可能なレベルにまで上升している。こうした事実を勘案すれば、モンゴル國と內モンゴルの郊外を比較する限り、後者の方が前者より家畜密度が高く、移動性が低いという1990年代的な常識が通用しない狀況が出現している。  ……ところで、こうした郊外を成立させる要因としては舗裝道路や自家用車所有、攜帯電話のカバレッジといった運搬・通信インフラの整備が大きく影響している。モンゴル國・內モンゴルいずれにおいても現地でこうしたインフラの整備が進展したのは2000年以降のことであり、その背景には現地で進行したグローバルな大規模資本投下が存在する。その直接的な原因はモンゴル國においては鉱山ブームであり、內モンゴルにおいては中央政府が開始した西部大開発だが、その結果として、地域経済の存立體制に劇的な変化がもたらされた。  客観的な事実として、モンゴル國にせよ內モンゴルにせよ、現在の中心的な產業は牧畜ではなく鉱業であり、おそらくは政府の自己認識レベルにおいてもそうなっているものと思われる。グローバルな大規模資本投下や政府レベルの自己認識といった、より大きな社會的枠組みの類似化の結果として、牧畜戦略におけるモンゴル國と內モンゴルの比較可能性が増大したのだと言うこともできるだろう。  ……本書では、モンゴル國および內モンゴルにおける1990年代と2000年代の差異、そして2000年代における各地域における郊外と遠隔地の差異を、2時期の多地點における筆者自身による現地調查データを比較することで描き出す。その中でも、1990年代と2000年代の比較が可能な通時的データを有しているモンゴル國スフバートル県および內モンゴル自治區シリンゴル盟の事例が、各地域との比較のベースとなっている。なお、上述の2地域はモンゴル國南東部と內モンゴル中部に位置しており、國境を挾んで鄰接しているため、自然環境的にも類似している。  ところで、本書で扱う牧畜戦略に変化をもたらす原動力は何だろうか。先述したように、モンゴル國で2000年以降の運搬・通信インフラの整備をもたらした直接的な原因は鉱山ブームであると述べたが、本來牧民人口が少なかった郊外へ牧民が移住などで集中することで、郊外というエリアを成立させた要因としては1999年から3年連続で発生したゾド(寒雪害)が大きな影響を及ぼしている。ゾドによって家畜の多くを失った牧民は、より少ない家畜頭數で生活可能な郊外へ移住していったのである。  また中國の西部大開発が検討される契機となったのは、同じく1999年に少數民族地域で頻発した環境問題であり、そこには內モンゴルで発生し北京を襲った大規模な黃砂も含まれている。同年、內モンゴルではゾドが発生しなかったものの、大量のダストが風に舞ったのである。  そして1999年に內モンゴルでゾドが迴避され、ダストが発生した原因として推測されるのが1990年代における內モンゴルのモンゴル國との差異、つまり內モンゴル全域で牧地が実質的に私有化され、定住的な牧畜が営まれていた點であるが、これも當地で1978年に発生した大規模なゾドを遠因としているのである。つまり大規模な自然災害は、モンゴル國であろうと內モンゴルであろうと、現地の牧畜をめぐる社會環境を一変させる原動力として機能しうるのである。 無論、牧民をめぐる社會環境を変化させる原動力としては、國家レベルでの社會経済體制の変動が第一に挙げられるべきであることは疑いのない事実であろう。モンゴル國において1990年代初頭に発生した社會主義體制の崩壊や、中國における1970年代末の文化大革命の終焉およびそれに続く1980年代の改革開放への政策転換は、言うまでもなく牧民社會に巨大な影響を及ぼしている。だが第3章で詳述するように、1978年の內モンゴルのゾドは改革開放の一環として行われた家畜や牧地の私有化を推進させる前提として機能し、第1章で述べるように、1999/2000年から始まるモンゴル國のゾドは國民経済レベルで牧畜中心から鉱業中心への移行の端緒として機能した。また第5章で述べるように、2010年のモンゴル國のゾドでは、一部の牧民を鉱業セクターとの兼業へと向かわせた。  このように、政治経済體制の変動と自然災害が相互作用して社會環境を変化させている點が、國境を挾んだ2つのモンゴル社會の共通點であると考えることができる。ただし、その相互作用はモンゴル國と內モンゴルで同時に発生するとは限らない。これが、共時的に見た場合の両者の相違性(あるいは類似性)の度合いに影響を與えているのだと理解しうるだろう。こうしたロジックにご贊同いただけるなら、少々長くはあるが、第1章以降の具體的な論述をお目通しいただきたい。 なお、すでに「はじめに」でも適用した方針なのだが、本書では煩雑を避けるため、モンゴル國(1992年に改稱)や內モンゴル自治區(1947年に成立)がその名稱では存在しなかった時代の各地域の事象についても、現在の地域名稱である「モンゴル國」「內モンゴル」を使って言及することがある點はお斷りしておく。 目次 はじめに 第1章 本書のねらいと視野  第1節 モンゴル高原と牧畜をめぐる基本條件  第2節 モンゴル(人民共和)國における社會主義化と民主化  第3節 牧畜戦略と郊外化の概念  第4節 本書のもくろみと學問的意義 第2章 モンゴル國遠隔地における牧畜ユニットの構成と季節移動  第1節 オンゴン郡における牧畜ユニット  第2節 夏季の営地選択の年変動  第3節 年間移動ルートのパターン 第3章 內モンゴルにおける牧畜ユニットの構成と季節移動  第1節 內モンゴルにおける定住化プロセスとゾドの影響  第2節 固定家屋化と牧畜ユニットの変動  第3節 內モンゴルとモンゴル國の比較(1990年代末段階) 第4章 モンゴル國における郊外の成立と牧畜戦略の実踐  第1節 郊外化の事例1(ボルガン県)  第2節 郊外化の事例2(ヘンティ県南部)  第3節 郊外化の事例3(ヘンティ県東部) 第5章 ゾドがもたらす牧畜戦略の変化  第1節 個人的経験としてのゾド  第2節 地方社會レベルにおけるゾド経験の意味  第3節 遠隔地におけるゾド対応としての鉱山 第6章 內モンゴルにおける郊外成立の要因  第1節 西部大開発に伴う諸政策  第2節 草畜平衡の規定と実態  第3節 郊外化の事例1(ウランチャブ市)  第4節 郊外化の事例2(シリンゴル盟) 第7章 モンゴル國および內モンゴルの遠隔地における牧畜戦略の実踐  第1節 オンゴン郡における遠隔地化の検討  第2節 モンゴル國遠隔地におけるウマの社會的機能  第3節 內モンゴルにおける遠隔地の牧畜戦略 第8章 結論 おわりに 參考文獻 索引・寫真図表一覧
展开
选择 引用 收藏

7、中国少数民族古籍总目提要 2019/2

摘要:本书是《中国少数民族古籍总目提要-蒙古族卷》索引,包括条目蒙古语音序索引、拉丁文音序索引和汉语音序索引三个部分组成。《中国少数民族古籍总目提要-蒙古族卷》是我国第一部全国少数民族古籍解题书目套书《中国少数民族古籍总目提要》之一。
展开
选择 引用 收藏

8、蒙古族民俗系列丛书 2019/1

摘要:蒙古族民俗系列丛书——中班(上)根据幼儿的年龄特点,选取了文明礼仪、服装文化、嘎拉哈游戏、饮食文化和五畜文化等五种蒙古民俗中较为浅显的内容,主要有:学习简单的问候用语和文明礼仪;认识常见的不同类型、不同款式的蒙古族服装鞋帽,并能准确是说出其名称和区别。
展开
选择 引用 收藏

9、蒙古族民俗系列丛书 2019/1

摘要:蒙古族民俗系列丛书——大班(下)根据幼儿的年龄特点,选取了文明礼仪、服装文化、嘎拉哈游戏、饮食文化和五畜文化等五种蒙古民俗中较为浅显的内容,主要有:学习简单的问候用语和文明礼仪;认识常见的不同类型、不同款式的蒙古族服装鞋帽,并能准确是说出其名称和区别。
展开
选择 引用 收藏

10、蒙古族传统用品及其秘笈 2019/1

摘要:本书以图文并茂、蒙汉合璧的形式介绍了蒙古族传统用品的构造、用途及其科学原理。全书共5章,约25万字。
展开
选择 引用 收藏

11、三言集 2019/1

摘要:《三言集》,又稱「世界之三」,「國家之三」,「三言訓誡」等。她是將自然和社會中的有內在或外在相似點的對象用三句來對比概括,哲理性較強的一種詩體民間文學。運用詩的押韻,諺語的風格,謎語的語言闡述事物現象,揭示本質的的特殊民間文學。在世界歷史上,只有在蒙古族勞動人民中廣泛應用和流傳,是蒙古民族獨特的傳統文化。
展开
选择 引用 收藏

12、科尔沁抒情民歌 2019/1

摘要:《科尔沁抒情民歌》选编270余首科尔沁抒情民歌。科尔沁抒情民歌内容丰富、数量浩瀚、旋律优美、语言精准,在中国民族民间文化遗产中占有不可或缺的重要地位。在科尔沁草原上流传着长调民歌、短调民歌、叙事民歌、抒情民歌等不同曲调和题材民歌。科尔沁抒情民歌历史悠长,悠扬动听,语言精炼而幽默,是科尔沁民族传统音乐瑰宝之一。
展开
选择 引用 收藏

13、蒙古马精神 2019/1

摘要:本书以“蒙古马精神”为立意,从蒙古马精神的来源与含义,弘扬蒙古马精神的时代意义,蒙古马精神与中国梦的关联,蒙古马精神在内蒙古的真实践行者,用蒙古马精神打造祖国北疆亮丽风景线等几个视角就蒙古马精神进行了深入探析。折射出内蒙古各族人民守望相助、砥砺奋进、追求文明进步的伟大历程,展示了人与草原和谐共处、诗意栖息的大美境界。
展开
选择 引用 收藏

14、台吉乃尔旗蒙古包 2018/12

摘要:该书详细介绍了台吉乃尔蒙古包的制作工艺、用品用具、各部件的组合及使用方法等。其具体内容:一、蒙古包的作用和特点;二、蒙古包的种类及其各部件的名称;三、蒙古包制作工艺;四、蒙古包外套之裁缝;五、蒙古包各类绑带;六、制作蒙古包所用的胶、漆、皮革等加工及其使用;七、搭建蒙古包;八、蒙古包落成仪式;九、蒙古包内空间的布置使用;十、以蒙古包天窗照射之光为准计算时间的风俗;十一、蒙古包的搬运;十二、附件等。
展开
选择 引用 收藏

15、翁牛特民俗 2018/12

摘要:本书详细介绍了翁牛特蒙古族的风俗习惯,如生产生活、社会风气、婚丧嫁娶、传统歌谣、民间艺术、好汉三艺、祭祀文化、蒙古族传统工艺等,内容涉及范围较广,较系统地介绍了翁牛特蒙古族的历史面貌。
展开
选择 引用 收藏

16、蒙古族四胡音乐 2018/12

摘要:郭尔罗斯是蒙古族古老部落,有着悠久的历史。前郭现已有10个项目列入国家级非物质文化遗产名录,分别是:陶克陶胡、郭尔罗斯蒙古族民歌、乌力格尔、蒙古族婚俗、查干萨日、查干淖尔冬捕习俗、蒙古族四胡音乐、蒙古族马头琴音乐、马头琴制作技艺、博舞。《前郭尔罗斯国家级非物质文化遗产丛书》共10卷本,每一本书介绍一个前郭国家级非物质文化遗产项目。本书《蒙古族四胡音乐》主要介绍了四胡的构造、演奏技法、代表人物、典型曲目等。前郭国家级非遗项目以10卷本丛书形式出版尚属首次,再现了前郭这一古老蒙古部落悠久的历史和独特的文化,对加强民族团结、推进文化繁荣、建设和谐社会,具有重要的历史意义和现实意义。
展开
选择 引用 收藏

17、欺骗、拉拢与利用 2018/12

摘要:由于内蒙古地区以及蒙古民族问题的特殊性,日本在渗透、侵略和推行殖民统治的过程中,更多地使用经济、文化的手段,进行欺骗、拉拢和利用。日本的对蒙文化侵略活动,主要表现在学术研究、舆论宣传和具体的文化工作两个方面。在学术研究、舆论宣传方面,既有客观的学术研究、情报信息收集和实地调查活动,又有打着学术研究旗号进行的舆论宣传,后者在文化侵略中更具有代表性和危害性。在具体的文化工作方面,日方利用了蒙古民族问题中的发展问题,开展以医疗卫生、教育、喇嘛教为主的活动。其特点是小恩小惠,主要作用是拉拢。一方面收揽蒙古人心,显示日蒙亲善;另一方面在拉拢的基础上加以利用。研究证明,日本利用蒙古民族问题开展的文化侵略活动是客观存在的历史事实,成为日本对内蒙古、对华文化侵略活动的一个组成部分。
展开
选择 引用 收藏

18、阿鲁科尔沁旗蒙古族教育 2018/12

摘要:《赤峰市少数民族教育发展概要——阿鲁科尔沁旗蒙古族教育(卷)》这一本书是赤峰学院民族教育研究中心成立以来编写的第一个专著。该书认真总结和广发汲取国内外教育科学研究的基础上主要探讨和分析清朝时期到现在的阿鲁科尔沁旗蒙古民族教育的发展状况。该书对于深化民族教育研究和改革,指导和推进全区民族教育工作具有重要的作用,对全国少数民族散杂居地区如何做好民族教育科研也具有一定的借鉴作用。
展开
选择 引用 收藏

19、蒙古族婚俗 2018/12

摘要:郭尔罗斯是蒙古族古老部落,有着悠久的历史。前郭现已有10个项目列入国家级非物质文化遗产名录,分别是:陶克陶胡、郭尔罗斯蒙古族民歌、乌力格尔、蒙古族婚俗、查干萨日、查干淖尔冬捕习俗、蒙古族四胡音乐、蒙古族马头琴音乐、马头琴制作技艺、博舞。《前郭尔罗斯国家级非物质文化遗产丛书》共10卷本,每一本书介绍一个前郭国家级非物质文化遗产项目。本书《蒙古族婚俗》主要介绍了蒙古族迎亲、求名宴、献茶、沙恩吐宴、送亲、婚仪的过程。前郭国家级非遗项目以10卷本丛书形式出版尚属首次,再现了前郭这一古老蒙古部落悠久的历史和独特的文化,对加强民族团结、推进文化繁荣、建设和谐社会,具有重要的历史意义和现实意义。
展开
选择 引用 收藏

20、博舞 2018/12

摘要:郭尔罗斯是蒙古族古老部落,有着悠久的历史。前郭现已有10个项目列入国家级非物质文化遗产名录,分别是:陶克陶胡、郭尔罗斯蒙古族民歌、乌力格尔、蒙古族婚俗、查干萨日、查干淖尔冬捕习俗、蒙古族四胡音乐、蒙古族马头琴音乐、马头琴制作技艺、博舞。《前郭尔罗斯国家级非物质文化遗产丛书》共10卷本,每一本书介绍一个前郭国家级非物质文化遗产项目。本书《博舞》也称萨满法事舞蹈,是流传千余年的古老祭祀舞蹈之一。前郭国家级非遗项目以10卷本丛书形式出版尚属首次,再现了前郭这一古老蒙古部落悠久的历史和独特的文化,对加强民族团结、推进文化繁荣、建设和谐社会,具有重要的历史意义和现实意义。
展开
选择 引用 收藏