共找到 143,463 条论著文献

1、中國思想論考:公羊學とその周辺 2015/3

2、日常生活の中の老子 2015/2

摘要:今回「老子」を読むに當たっても、可能な限り原文の一語一句を大切にして「和訳文」なるものを作成し、語句の解說に當たっては「老子」全體の脈絡を念頭に置き、関連する他の個所を明示しながら、斷片的な解說に終わらないように努めた。また歐米思想を念頭におきつつ、現代の日常生活の観點から「老子」を読み直すことに主眼をおいた。
展开
选择 引用 收藏

3、學生が見た蘇州社會 2015/4

摘要:愛知大學現代中國學部の學生が毎年中國現地の社會調查を行いまとめあげる報告書。今回は第16回めで、蘇州の調查を実施した。
展开
选择 引用 收藏

4、記憶と忘卻のアジア 2015/3

摘要:二十世紀から現在まで続くアジア各地に埋もれた記憶を掘り起こし、あるいは忘卻のプロセスを追うことで、各地域のアイデンティティがどのように形成され、変容していくのかに光を當てる。地域アイデンティティを新たに構築するための視點・思考を磨き上げる、京都大學の成果を中心にまとめるシリーズ第1巻。
展开
选择 引用 收藏

5、記憶と表象から読む東アジアの20世紀 2015/3

摘要:歷史的な出來事の記憶をめぐる闘爭が,20世紀終わりごろから世界中で顕著になってきた.1980年代には,「ホロコースト」をめぐる記憶の闘爭がヨーロッパや北米において巻き起こった.90年代には,ポスト共產主義の東ヨーロッパや舊ソ連諸國,ポスト・アパルトヘイトの南アフリカ,ポスト・獨裁政権ラテンアメリカなどにおいて,新しい政治體制の下で過去の政権や支配層による暴力の記憶が浮上し,公に語られるようになった.東アジアにおいても,80年代以降,とりわけ日本の植民地暴力や戦爭責任に関する過去が問い直され,國境を越えて集団的記憶を問い直す試みが続けられている. 學術界においても,80年代以降,「記憶」という概念が,社會學だけでなく,心理學,精神醫學,神経科學,歷史學,文學,人類學に至る多彩な分野において一種の「流行」となってきた.95年の著作でヨーロッパにおける「メモリーブーム」を読み解いたアンドレア・ヒュッセンは,それから8年後の新著で,「記憶」という話題は社會においてもアカデミアにおいても使い盡くされた感があり,「記憶疲労に陥っている」と診斷したほどである(Hyussen 2003:3).たしかに,日本や韓國の學術界においても「メモリーブーム」がみられる.しかし,東アジアにおける國境を越えた學際的な取り組みは,まだ始まったばかりである.
展开
选择 引用 收藏

6、「在日」文學の変容と継承 2015/2

摘要:「在日」文學は今どこにいるか、そのゆくえは?変遷を俯瞰しながら探索する。作家、作品もガイダンスする。
展开
选择 引用 收藏

7、川田雄琴全集 2015/2

摘要:川田雄琴(1684-1760)の遺した著作・文章を網羅する。日本的陽明學學者,儒學。
展开
选择 引用 收藏

8、煌く易経:未來に生きる東洋の神秘的精神 2015/1

摘要:易経は現代においても煌めいている君子學であり、成功學である。人生を飛躍的に好転させる易の理論を學ぶ。
展开
选择 引用 收藏

9、簡明ウズベク語辭典 2015/2

摘要:ウズベキスタン共和國の國家語であり、中央アジア最大の民族語であるウズベク語の本邦初の本格的日本語対訳辭典である。ラテン文字正書法に准拠した13000語の見出し語について、最新の學術情報に基づいて、語彙の來源や意味項目を充実させるとともに、格支配や不規則変化形を明記するなど単語の細かな使い方も記述、また、用語理解や語感の涵養に必要となる良質な用例も豊富に掲載している。
展开
选择 引用 收藏

10、記錄された記憶:東洋文庫の書物からひもとく世界の歷史 2015/2

摘要:東洋文庫所蔵の逸品90點ほどを取り上げ、紹介する。オールカラー。甲骨文字/史記秦本紀/魏志倭人伝/広開土王(好太王)碑文/古事記/萬葉集/日本書紀/梵語千字文/永楽大典/鄭和の航海図/ドチリーナ・キリシタン/マテオ・リッチと徐光啟/西國島原合戦記/國姓爺御前軍談/チベット大蔵経/アヘン戦爭図と蝦匪犯境錄/南京條約図/名所江戸百景/太平天國/難船人帰朝記事/ペリー久里浜上陸図 ほか。
展开
选择 引用 收藏

11、アジア・アフリカ研究:現在と過去との対話 2015/2

摘要:アジア(中國、香港、インドほか南アジア)、アフリカ研究の第一人者が語る、政治、歷史、文化人類學、外交についてのエッセンスがこの一冊に。東アジア研究所開設10周年(地域研究センター30周年)を記念して開催された連続講座(2014年1月17日~3月17日)を中心に、研究所のこれまでの変遷・地域研究の將來展望をめぐる座談會、東アジア研究所の過去の研究プロジェクトなどの資料も加えた內容の記念刊行物。
展开
选择 引用 收藏

12、チベット伝統醫學の薬材研究 2015/2

摘要:第一章はチベット醫學のバイブル『四部醫典』の理念と先行研究を紹介。第二章は『四部醫典』から薬材の種別と效能を述べる個所(第二部19~21章)を和訳する。第三章は、寺本婉雅が1898年に入手し日本にもたらしたチベット醫學図譜の稀覯本を初出版。本図譜はチベットの醫學堂で、醫學生に薬材の色や形、採集地を教授するために用いられていた。別冊で訳注を付す。第四章はチベットの薬材の學名比定。臨床ではどのような動植物・鉱物が用いられているのかを、チベット語の薬材名と14冊の先行研究から抜き出した學名の対照表によって明らかにした。
展开
选择 引用 收藏

13、中國書道史の旅:書の故里を訪ねて /別冊墨 2015/2

摘要:1983(昭和58)年発行の雑志『別冊墨2號』を書籍化、新裝丁にしたもの。30年前の貴重な遺蹟寫真や町並み、風景寫真をそのまま復刻。《內容》曲阜 孔子の故里/岱廟 泰山遙拝の地/西安 刻石の大寶庫/昭陵 唐王朝の聖域/龍門 造像記の美/山東 鄭道昭の山々/泰山 五嶽の雄峰/南京 南朝栄華の古址/鎮江 長江と焦山の碑刻/揚州 文人流寓の町/蘇州 水と庭園の街/杭州 江南の古都/紹興 蘭亭曲水の故地
展开
选择 引用 收藏

14、思想間の対話:東アジアにおける哲學の受容と展開 2015/2

摘要:日本、中國、韓國はそれぞれの伝統に依拠しつつ西洋哲學を受容することで近代哲學を形成してきた。哲學や思想における特徴や制限は、他の思想を鏡として、そこに映し出すことで明らかになる。なぜ違いが生まれたのか。互いの違いをどう克服するのか。西田幾多郎、吉田松陰、九鬼周造、西周、和辻哲郎、土田杏村、大西克禮、戸坂潤…。受容から対話へと続く道から、いま、東アジアにおける哲學的創造の新たな意義と可能性が拓かれる。
展开
选择 引用 收藏

15、日本における中國畫題の研究 2015/3

摘要:浮世絵・絵本の中に現れる中國畫題を読み解く――白楽天や楊貴妃、多くの神仙など中國の伝說のモチーフは日本の絵畫の中に大いに取り入れられている。そこには物語の読み替えや再構成、日本獨自の解釈が見られる。それらはどのような過程のもとに行われたのか。図様と典拠を丁寧に比較することにより、日本における中國畫題の特徴を明らかにする。
展开
选择 引用 收藏

16、中國のグリム童話:シルクロードをつなぐ昔話 2015/2

摘要:「長靴をはいた貓」の狐やウサギバージョン、虎や人間の3姊妹が出てくる「狼と七匹の子山羊」、各部族に伝わる「シンデレラ」「白雪姫」など、中國の昔話を収錄。
展开
选择 引用 收藏

17、東アジア海域文化の生成と展開:〈東方地中海〉としての理解 2015/3

摘要:かつて日中韓の文化・経済・人的交流の大動脈であった「東シナ海」。國境や二國間関系の制約から離れた視點で見るとき、それは広域をダイナミックにつなぐ自在な海路であり、それぞれの地域文化を豊かにはぐくむ母なる海であった。歷史と文化を創造的に再構築するための基層文化再検討の試み。
展开
选择 引用 收藏

18、『モンゴル佛教史』研究 4 2015/3

摘要:目次:序/凡例/『モンゴル佛教史』研究[四]―本文―/『モンゴル佛教史』佛教用語集/『モンゴル佛教史』年表/あとがき/SUMMARY/別添 ラマ系譜 1「ラマ系譜」凡例・〈サキャ派系譜〉 2〈ゲルマ派系譜〉・〈カルマ派系譜〉 3〈清代ゲルク派系譜〉
展开
选择 引用 收藏

19、首狩の宗教民族學 2015/3

摘要:「首狩」とそれに関連する「首取」「頭蓋崇拝」「頭皮剝ぎ」「人身供養」のなぜ? 首狩の精神的背景と意味をフィールドワークと膨大な文獻から解き明かす世界初の研究書。《目次》序章 首狩と日本人/第1章 生業と世界観――宗教民族學の見取図/第2章 首狩・頭骨・カニバリズム――世界を視野に入れて/第3章 東南アジアの首狩/第4章 台灣原住民の首狩/終章 なぜ首を狩ったのか?――農耕・神話・シンボリズム
展开
选择 引用 收藏

20、蒙求ものがたり 2015/3

摘要:『蒙求』から「輓歌」「伯仲」「隗より始めよ」の語源となった物語など100話を紹介。
展开
选择 引用 收藏

结果集较大,只显示前20,000条数据。修改检索词或筛选条件获取更精准结果。